海外FX業者おすすめランキング 元大手証券マンが利用体験を元にレビュー

元大手証券マンが利用体験を元に海外FX業者をレビューさせていただきます。それらやネット上の口コミ情報を元に勝手に海外FX業者をランキング化。

「 日別アーカイブ:2020年09月01日 」 一覧

海外FOREX

海外FX比較ランキング|何種類かのシステムトレードの内容を確認してみると…。

2020/9/1  

何種類かのシステムトレードの内容を確認してみると、ベテランプレーヤーが作った、「着実に収益を齎している売買ロジック」を土台として自動売買ができるようになっているものが目立ちます。私自身は重点的にデイトレードで取り引きを継続していたのですが、ここ1年くらい前からは、より収益を出すことができるスイングトレードで取り引きをするようになりました。デイトレードをする際には、通貨ペアの見極めも非常に重要な課題です。正直言って、変動のある通貨ペアを選定しないと、デイトレードで収益をあげることは困難だと断言します。システムトレードというものは、そのプログラムとそれを正しく動かしてくれるPCが高嶺の花だったため、以前はほんの一部の資金的に問題のない投資家限定で行なっていました。スプレッドについては、FX会社によりバラバラな状態で、トレーダーがFXで儲けるためには、買い値と売り値の価格差が小さいほど有利になりますから、これを考慮しつつFX会社を1つに絞ることが大事だと考えます。 トレードの稼ぎ方として、「上下いずれかの方向に値が振れる最小時間内に、薄利でもいいから利益を堅実に掴みとろう」というのがスキャルピングというトレード法というわけです。儲けを生み出す為には、為替レートが注文を入れた時点でのものよりも有利な方に振れるまで待機する他ないのです。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。なんと1円の値幅でありましても、レバレッジ1倍ならば1万円の損益になりますが、10倍の時は10万円の損益になります。わかりやすく言うと「レバレッジが高倍率になるにつれリスクも大きくなる」ということなのです。FX取引を進める中で耳にするスワップとは、外貨預金でも貰える「金利」と同じようなものです。とは言え大きく異なる点があり、この「金利」につきましては「受け取るだけじゃなく払うことだってあり得る」のです ...

Copyright© 海外FX業者おすすめランキング 元大手証券マンが利用体験を元にレビュー , 2020 All Rights Reserved.